肘から出てヘッド遅らせる
2014年01月23日 (木) | 編集 |
低いボール:ラケットを下げて、下から上へをより意識する。

伸びるボールは下がりながら打つ。
飛んでこないと、下から上へ持ち上げる。

腰と頭の関係:腰が前で頭が後ろでスイングする。一番力が入る。ふかすときは、打つ前に頭の位置が前になってる。真ん中より軸足の方に頭を乗せるようにすると引きつけられる。高い位置でボールをうとうとし過ぎると、頭が前に行って迎えに行ってしまうのでジャストアウトする。

打点前で打とうとしすぎると、待てなくて、ひきつけられない。我慢して、肘から出てヘッド遅らせるをやる。
その方が引きつけられる。

「手首を使わないこと」「角度を保って手首返さないで下から上」


回りこんで逆クロス:
回りこむときに右足を横に大きく後ろに出す。バックラン。セミオープンスタンスで。

逆クロスは右足の延長上に打点がくる。そうしないと外へ行くように打てない。クロスでも打点前にするだけで手首は使わない。「肘から出てヘッド遅らせる、ボレーもサーブも同じ

フォアは、左手の手のひらが右側にきてないと引きつけられない。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック