ストレートへ打ったら
2014年03月04日 (火) | 編集 |
エンドラインから:
(フォアハンド)フォアサイドからクロス球出しを、ストロークでストレートへ。センターへ球出しされてそれをクロスのコーチに打つ。それをサービスライン〜デッドゾーンへ返されるので、クロス気味になるストレートアレーもしくはセンターへ浮かないように。

(バックハンド)コーチはアドサイド前衛からセンターへ球出しをバックハンドで逆クロスショートアングルでアレーへ沈める。センター球出しをバックハンドで(ストレート)コーチへ返し、コーチのボレーが短くサイドにくるので追いついて、余裕があればクロスのショートアングル、なければセンターへ沈める。

打った方向へ進む。打った方向と逆へ行かないこと。でないと次に返ったボールをボレーできない。

並行陣対雁行陣(から開始):
並行陣のフォアサイドからクロス(後衛、エンドライン)に球出し。雁行後衛はこれをストレートへ打つ。サイドに沈めても、ボディを狙っても。相手に打たせればいい。ストレートへ打ったらどう動くか。
センターへ打たれることが多いのだから、そちらへ動く。速く打つと速く帰ってきて反応できないなあ。

前衛はペアがストレートへ打ったら、センターをケアする。かなり寄る。

打った後の反応が遅いと話にならないなあ。打ったら相手が打つ前にスプリット。これが大事。
前衛にカットされまくったら、それはネット際にいてるから上を抜く。
はー。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック