飛んできたボールに応じてコースを変える
2014年04月01日 (火) | 編集 |
エンドラインでフォアとバックをクロス深くへストロークで打った後、アプローチを

センターへ打ってから、チャンスボールをストレートアングルにボレーで決める

ストレートへアプローチしてから、チャンスボールをクロスアングルに決める(強くなくてもいいので、後衛に取られないように角度つける)

それぞれ、チャンスボールの前にかならずスプリットステップを踏む。スプリットして止まらないで進む。
私はスプリットステップを踏んでないと言われる。飛んでないのです、沈み込んでるんですが、ここでは飛ばないとダメなのです。。。でも全然やってない時もあるから。。

並行陣の位置で二人:
低くてローボレーなら、相手後衛に深く返す。
ハイボレーやスマッシュは前衛側へ打ち込む。
スマッシュのように見えても、やっと届くなら、後衛へ返しておく。
これを判断して変える。

雁行同士から始めてゲーム形式:
クロスで打って、アプローチを打って上がるけど、上がるときにファーストボレーを抜かれたりするのは
アプローチが悪いのもあるけど、やはり上がりながら相手が打つ前にスプリットができてない?

センターが抜けるのは、下がり過ぎてるから?
相手にチャンスが行っても、ストロークなら怖くないので下がらないで詰めておけば、センター抜かれない。
ボレーで返すときに動かないでラケットだけで反応してる私なので、軸足だけで打たないで、打ちながら動く。
動きながら打つ癖をつけないと、弱いボールの時にミスする。

空振りしたりネットしたり、クロスに打てばいいのに、無理してコースを変えるからミスする。
Yに以前言われた言葉がトラウマになってこだまする「他のみんなはそれを取れるのよ(あなた以外は)」
ああ、下手くそだからもうやはり試合には出ないでおこう。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック