後ろからボールを見る
2014年05月01日 (木) | 編集 |
背筋を伸ばしてボールを後ろから見る。
左右に振られても、頭を後ろにすることで、振り抜きが良くなる。

ボレー、サービスラインありだと、横にならないと深いボレーは打てない。当てるだけだと短くなる。体が正面になると押せない。そこで、左手が重要になる(ターンショルダー)。左手を顔の前でもいいから出す。
バックボレーだと、左手が後ろになる。肩を入れて。


ストロークでのレディからテイクバックで、ラケット顔の前に置いて左手でラケットを傾けるんだけど、もっと角度つける。そのために、グリップの握る手に隙間を作る。

スピン:
回転をもっとかけるには。
左手できっかけを作って、体を横向けにしてターンショルダー。そのままラケットダウン

この時、私はあまりにも手首の角度を気にしすぎてラケットダウンができてないことを指摘される。
つい角度を保とうとするために力が入って、グリップを握ってしまい、ラケットが下がらない。
これをやめるため、親指人差し指薬指のみでグリップを持って、ダウンしたときに自然とラケットの重みでヘッドが下がるようにした。ヘッドを落としたほうが、ボールを持ち上げられる。


スピンの起動は、円を描いてテイクバックは上から。インパクトまでは下から上へ。軸足をセットして膝を曲げ、ボールの後ろじゃなく下から上へ擦り上げ、上げたら最後は脱力してるから重力のままにフォロースルーする。
インパクト後は真上にスイングしてボールは線ではなく点で捉える。「壁を塗る」

下から上も、ラケットを下げるを意識するよりも膝を曲げる事のほうが大事。

上からみると、手首はしなる感じがある。力が入ると、角度がつかない。ミスするのは手首使う。手首使えないようにするため、ラケットは上から回すようにする。回すと肘は体の後ろにいかなくなるから良い。

「良いイメージを持つこと」言葉も良いイメージの言葉。声に出すとなおいい。

サーブ:
左手を残して体の開きを抑え、グリップはストロークの時と同じように親指人差し指薬指で持ち、トスのボールを後ろから見るようにインパクトまで持って行く。

この「後ろからボールを見る」ことを意識すると、振り抜きはよくなり、高い位置でボールを捉えられるようになり(背が高くなった気がした)、威力も増した。すごい。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック