浮かさないで
2014年05月21日 (水) | 編集 |
基礎レッスン、代替コーチのジュニアコーチ♪メチャ久しぶり。

ボレーボレー:浮かさない。ネット上50センチの間を通す。ネットギリギリが一番いい。
手だけで打つとコントロール聞かないから、ボレーの手首の角度をキープしたら、腕を動かさない(フォロースルーで肘はあげても)。腕は固定で、体の回転と足を踏み込んで打つ。

ボレストでもボレーは浮かさない。ネットぎりぎり。多分そのためには腰を落とすといいかも。

足元のボールのボレー:
ラケットを軸足の少し前へ差し込んで、体を伸び上がりながら運ぶ。面を少し上向けて、スライス回転かける。浮くようなら、面を伏せる。微調整する。
(椅子に座って、打ちながら立ち上がって前へ運ぶ練習をする)、

体の正面のボール:
基本的に右肩から左側のボールはバックハンドで打つので、ボレーは圧倒的にバックハンドが多い。バックハンドで構えておく。正面のボールを打つためにはラケットヘッドを下げて良い。但し、手首の角度は保つ(崩したり、伸ばしたりすると力が入らない)。打ちながら右足を斜め前へ踏み込んで打つ形と、
左足を後ろに引いて打つ場合がある。

ローボレー:手首の角度は保つがヘッドは下げて良い。肘をあげることになる。
面を多少上向きにして(そうしないとネット超えない)、そのままスライス回転欠けるようにスイングしていく。浮く場合は面を伏せる。同じ。

人間のバランスはゆがんでる:両手を方の位置にあげる!と言われても目をつぶってやると、実際には多少ずれる。それを調整したら次は治ってる。こういうずれを常に治すことが大事。

ボールに入れない、前後が分からない場合は、目を鍛える。眼の筋肉を鍛えるといい。
ボールを目の前に置いて、それを見つめたら次に遠くを見る、をなんどもする。
もしくは、ボールを顔の前でぐるぐる回して、目だけでそれを追いかける。実際には顔が動いてしまうが動かさない。
こういうトレーニングも大事。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック