ダブルス
2014年07月09日 (水) | 編集 |
ボレー:
ヘッドを下げないこと。

リターン:
スマッシュとサーブは上からボールが降ってくる。
だから、打って返さないで(力負けする)押し返す。そのために、早くスプリット踏む。深いファーストは当て返すことを意識。

前で打つ。グリップから打っていく。ヘッドからじゃない。

肩甲骨を締めておくこと。

スライス:
ガットに長く乗せる。そのために、肩甲骨を締めておくと足で運ばないといけなくなる。
リターンもスライスで。前へ行きたいから。長く乗せていく。
当たるところを見れるような体勢で打つこと。

並行陣取ったら、センターへボールを集める努力する。するとストレートが空く。
ワイドに打つと、自分たちの陣形が崩れていく。距離やボールの質を変えて相手を動かす。

緩められてしまって打てないボールは、一旦ストレートへ流す。でないと浮いてしまう。
相手の足を止めてやった後は、前へ詰めてボレー。ボールを落とすと相手に時間を与えてしまう。

センター怖い。二人もそこにいるから。
ならば、ゆっくりしたボールを送ってやると両端が空く。

うっかりしたボールを打ったら、その場に居てること(あーあ、で下がらない)。でないと相手は打ち放題。
跳ね上がる球はマズイ。空中は浮いてる。
短すぎるのはまだいい。攻撃できないから後ろはがら空き。センターTマークより深く低いボールがいけば攻撃されない。

センターでワイド。
ワイドに緩く打ってセンターで決める。
平行ではセンターへ打つと二人が反応してくれることをわかる。一度触らせておく。

ポーチで前へ出ると思ったら、当たる面を見るだけ。打つ場所はもう決まってるはずだからイメージのみ。

サーブトスあげるとき、かかとを上げとくと、前へトスを上げられる。

並行でも前衛後衛がしっかりしてたら難しいけど、中をむいてる人が多いので、センターを使うといい。
ストレート側のセンターを使う。自分の前側よりのコースで球種を選ぶ。速いボールだとやられる。
センター使えないなら並行にならないほうがいい。
センターテープの上でラリーをする練習をする。中を通す意識を持つ。

ポーチを意識して決めようと思うと、横へ動いてしまう。それよりも「前へ出る」ことを意識してプレッシャーを与えるだけのつもり。
上がっていっても、まだ後衛の意識。ロブは取る。ペアを抜いたら自分が前衛。

「これで決めたい」と思ったら、コースは決まってるから当たる瞬間を見るだけのつもりで打つこと。

内側の足を前へ出して、ボールを前で触る癖をつける。
相手がどちらむいてるかを見る。相手前衛が内側むいてたら、センターへ緩く打つ。前衛が外向いてたらストレートへ打てないはず。クロス側の人ばかり気にしているとボールがワイドへ行ってしまう。
相手の体勢が崩れるというのは、内側を向いてしまうことも含まれる。それを見逃さない。

前衛のペアの頭が見えたら安心。横顔が見えたら怖い。。。。
前向いとけー、ってこと。

決めるのはすごく簡単だ、と思えるようなテニスをしよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック