スピンだよー
2015年06月04日 (木) | 編集 |
お医者さんのMさん参加。

ここんとこずっとコーチ特製の「スピンマスター」装着。

今日の覚書:
手首の角度を保つ。インパクトするまで角度は変えないで手首は使わない。

レディの時はラケットを手前へ傾ける(スピンマスターのひもは緩む)。

テイクバックでは脱力する。上から下へ回してテイクバックの最終段階で「スッ」とというか「クイッ」と完全脱力してラケット下がる。そこから肘先行、グリップエンド先行で、ボールの下へラケットを入れて振り上げるイメージで。

インパクトしたら面で上へラケットを振りあげて肘が適当に(浅い、深いで変わる)上がったら完全脱力して遠心力でラケットが振りきれる。

軸足の膝はしっかり曲げる。← ボールの下にラケットを入れやすくなる。
体幹は真っ直ぐか、できたら腰をぐっと入れて斜め後ろに傾くくらいでボールを後ろから見る。

逆クロスの時に、フラット気味になったり、振り遅れたり、横降りになったりするときって、肩がちゃんと入ってない。もしくは、腰が打つ方向に対して垂直になってない。逆クロスなのに、ネットに対して腰が垂直になってる。それでは、実際にひねらないといけない角度の半分しか捻ってないことになり、振り幅が半分になるので、ボールを面にちゃんと乗せられない。

ラケットダウンも大事だけど。。。私にとっては。。

膝をしっかり曲げて低くなる(サーブでも大事)。
左手をしっかり斜め前(但し、打つ方向に対して。ネットではない)に出して、体を捻り、肩を入れてスイングの幅をキープする。
という二点が今日の確認事項であり、重要なことだなあ。

ボールの下から、ヘッドを下げたままのラケットを面を縦に使ってボールを乗せて振りあげれば、感覚は軽く「カシュッ」という音のスピンが打てる。バウンド後はすごく伸びる。

大事だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック