球の後ろに入るとは
2016年01月13日 (水) | 編集 |
久々のTRレッスン。

的をネットにはりつけて、穴が開いてるんだけど、その穴から相手が見えるように位置取りして、ショートテニス。
飛んでくるボールの軌道の後ろに入って、足でボールを送るようにしてストロークする。
ボールの横に入るのではなく、軌道の真後ろに入る。
だから、窮屈になるはず。

ボールの横に入っても、手打ちになるし、打点は遅れるし、打ち負けたりする。

ボールの真後ろに入るようにして、深いなら先にササッと下がって、ボールの後ろに入り、短いなら、その状態から前へ打ちに入る。
軸足から前の膝へと送る感じ。スピンでもちろん構わない。

真後ろでは窮屈で返せない、と思ったけど、バックは多少窮屈なんだけど、フォアーはそんなこと全然なくて、後には入れたら、足でボールを押し出すことができるので(ボールは重くなるらしい)、差し込まれることがない。

ボレーの時は、やはり球の後に入った上で、ボレーすべく前へ打ちに(?返しに)いくとボレーになる。
やはりボールの後に入ると楽なのである。
しばらくやって身につけよう。

サーブもしかりらしい。
打つコースとトスは線上で結んで、トスは前へ高く上げたら、そこへ打ちに行くから体重移動ができて、サーブも重くなるらしい。
しかし、トップスライスは???なんてね。

***

ダブルスキープには、まずはファーストサービスを入れる。
センターを使うなどして、自分のペアに触ってもらえるボールを作る。

最後に、ファースト入らなければ失点、前衛に触られたら失点、というゲームをしましたが、前衛に触られないようにと思ったら、自然と前衛を見て、慎重にロブなどを使えるように。
意識は大事。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック