ハイボレー、スマッシュ
2016年06月15日 (水) | 編集 |
ハイボレーは、右手を肘を曲げないで右横遠目に置いて、上へ上げるのと右足おくのと同時。
そして高いところから自分の方へと「振る!」。振ると同時に、左足を前へ踏み込む。左手は斜め前へ。

右手を高く右側遠くへおいても、自分からその右手へ近寄っていったら、意味ない、窮屈になる。
右手を体の近くへ置いてしまうと、振りにくく、縦ぶりになる。

高いところからなら、いくら振ってもアウトしない。
縦に振ってしまうとネットする。
下がりながらハイボレーするなら、右足つま先は後ろの方へ向けて取る。

振っても振っても、気をつけても気をつけても、力は入らないし、空振りしたり、てんでダメ。

逆クロスから短くアレーへ外へ逃げるハイボレーを決めるには、ボールへの入り方を考える。ボールが近いなら、自分で移動してボールの左側へ入る。インパクトはボールの真後ろあたりか。高いところから振るおもいっきり。アウトしないように。

スマッシュは、打点が決まるまで細かく足を動かして、指差しして、打点が決まったらもう動かない。打ちながら飛ばない。
とにかく私は飛びすぎる。

ストロークでも、しっかり踏ん張って、飛ばないこと。飛んだら力抜ける。
コメント
この記事へのコメント
右手セットして自分の方に振るんだけど、左の腰まで振り下ろして止めること
2016/06/21(Tue) 09:30 | URL  | 追加 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック