飽和状態
2016年07月09日 (土) | 編集 |
スピン練習:
最初から下ではなく、テイクバックの時は腰くらいの位置にラケットで、そこからラケットを伏せながら手首くいっと下げていって、下がりきったところから、横振り気味にボールを擦り上げて(ボールの右側をこする気持ち)、最後はラケットを二の腕につける。
軸足決めたら動かない。
でも、ヒットすると同時に前の足を踏み込む。これ大事。これで、ボールにぐんと威力が出る。

スイング固まったら、スイングスピードあげる。
特に、前でボールを打つときはスイングスピード上げればスピンが多くなるのでボールはアウトしなくなる。短くなる。

横向いて、腰を横側に向けて、ラケット面を外向けて、テイクバック、ダウン、くるっと回しながらヒットしてスイングで、横向けた腰を、反対側気味まで回す。腰で打つことでボールは重くなるだろう。回すのは難しいよね。


ハイボレー:
相変わらずだけど少しできた(動かされてないからね)
ラケット遠くに軸足と一緒に出すのだけど。。。
どうしても下からラケット回してしまうらしい。
だから、レディからそのままラケットのてっぺんを上げる!!
この時、私はラケット面が真正面向いてるので、ほんの少し外側へ向ける。親指を少しくいっと外向けたらいいね。
この面の状態でヒットしたら、腰まで振るんだけど(多分)、面を伏せるのでなく、グリップエンドから左腰まで引っ張るの

上げるときはラケットヘッドを上へ引っ張り上げて。。。ヒットした後はグリップエンドから自分の方へ引っ張る。
引っ張るよー。

そして、前の足を踏み込む。インパクトと一緒に踏み込む!!これも難しい。飛んでるからね、私は。


スマッシュ:
打点決まるまで細く足を動かして、決まったら、動かない。上げた左手はヒットするまで下げないこと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック