ラケット遠くに
2016年11月13日 (日) | 編集 |
ハイボレーをビデオに取ってくれた。

ハイボレーのボールが来たら、右足からボールに入り、軌道から離れて横に入り、右手を高く180度(手首)で伸ばし、左手は斜め前
、ラケットは少し倒し、ラケット面は少し壁側へ向ける。
そのままグリップエンドから引いていって、ミドルボレーと同じ要領で、そのまま引っ張って最後に「小指抜け」面を少し上にむけフィニッシュ。

ラケット振るんだけど、左の脇腹くらいまで降りたくってた。でなくて、おヘソの辺(ミドルボレーが終わる場所と同じ)で終わったほうがいい。

で、右手を高く体から伸ばしてセットした後、インパクトの瞬間に、ラケットを後ろに引いてる(ビデオ)
ラケット担ぐ感じになってる。
でなくて、セットしたらそのままボールへ入ること!
「振る」だけど、よく「もっと振って〜〜」と言われたことがあるがあれは、スイングスピードを上げろということなのだ。
ビデオの私はのんびりしている。

右足から入って、インパクトで踏み込むことは出来ている。
打点に合わせて右足を移動して決め、最後までぴったりの場所に移動する。

スマッシュは、前で取ること意識。打点決めるまで左手で指さしする。
決まったら右足は動かさないで膝曲げて、前でとって踏み込みまでできるように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック