おさらい
2017年01月10日 (火) | 編集 |
ハイボレーやはり変。

ラケットセット、まずラケット立てたり後ろへ寝かせたりしないで壁の方へ腕を伸ばす。
下から回さずに顔の前を通って上へセットする。
インパクトの後、ラケットを被せずに、セット(少し面上がち)したまま、自分のおヘソの方?へ引っ張ってくるんだけど、面をかぶせずに上を向ける。

上を向けるために、ラケットセットした位置からあまり下げずに振ろうとしてるので、手打ち気味になり力伝わらない。
だから、インパクトから肘を自分の方へ引っ張ることでラケットを振ろう。
左手は斜め前に置いて、右ではボールの右を打とうとする、ボールから離れる。
手先でクイッと振るのではなく、セットした位置から、ラケット持つ腕の肘をぐっと自分の方へ引っ張る。引っ張れたら自然とフォロースルーではラケットは上向く。

右足踏み出して、右手高くセット、肘引っ張りながら踏み込み足でぐっと沈み込んでラケット運ぶ。

アドサイドから逆クロスアレーへ短く打つなら、体は打つ方向へ向けて、高い位置でボールを捉える。
センターに来たボールを、ストレートへクロスっぽく打つとき、ボールの右側を打つんだけど、打つストレート側に体を向けない。
打つ場所はイメージで、インパクト前は左腰をぐっと前にだして、インパクトで上体は回さずに腰を回して打つ。打つ方向に体を回すとアウトする。

しっかりハイボレーを振る。そのために肘を引くことを意識。

それから、打つときに体が、特に頭が、前傾してしまう。インパクトと一緒に前傾してしまう。それでは力が乗らない。
体幹まっすぐ意識して、頭動かさない。意識する。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック