練習会H
2017年03月22日 (水) | 編集 |
最初はレッスン。
ボレーは体の前でさばくこと。見える位置でボレー。前でさばくには早くセットしないとダメ。
勝負するときは相手の右肩が取りにくい。

ボレー&ストロークは、相手が雁行で、こちらが並行陣の時を想定。
最低6回は往復できる練習をする。短くならずに、6回。6回返せたら、相手はこれも返ってくるのかと焦る。自分は自信につながる。
こういう地道な1対1での練習をするといい。

前でさばくボレーを

フォアサイド: フォアに来たボールはサービスラインセンターTマーク。バックに来たのは、ネット際アレー。
アレーに打つときはドロップするみたいに緩く角度つけてポンと返すのみ。

バックサイド:同じく、フォアに来たボールはポンとアレーへ緩く角度つけて返すのみ。振ったりしないで良い。力無いなら、足でポンと押すといい。バックに来たのはセンターTマーク。

相手の間を狙うイメージ。
相手の間狙わないと、逆襲くらうよ。

サービス。コースを決める。インパクトの瞬間の面をイメージして、その位置でとらえられるトスを上げる。そのように振り出す。
意識する。トスは前に、体重は打った後は前に移動。

午後の試合練習。

サービスはファーストを入れる。緩くてもファーストがいい。
アプローチはやはりセンター中ロブが安全か。相手が打とうとしたら、どこにいてもスプリットする。
速いアプローチは速く返ってくるのでその覚悟がないならやめたほうがいい。アレーへ打ってのアプローチは角度つくから危険。
短いボールを返すなら、そのまま前へ出てくる。
短いボールは走りながら打つとミスする。きちっと足決めて打てるならしっかり打って良い。そうじゃないなら、丁寧に返す。

負けパターン発見。
こわくて後ろに張り付いていると負ける。前に出ていってミスしたとしても、並行陣を諦めたらダメだ。
ミスしたなら、なぜミスしたのか、その前のアプローチはどうだったのか、原因と対策をする。
スピンロブがいいので、ゲームの初めからそれを使う。大切なポイントで使うのは賭けになる。最初に使って有利にすすめる。

焦って早くポイントを取りにこうとすると自爆する
絶対にやらない。自分は一打必殺の人間ではないと自覚すること。粘って、動かして、あけてポイントするタイプだと自覚しよう。
困ったらロブを打って動かそう。
そこで、チャンスが来て、高い高いボールをハイボレーで一打で決めようとしても100%でミス。
ミスするなら、高いのは落下速度があがって難しいから、一度落としてからグランドスマッシュもあり。

弱いチャンスボールをゆるくポンと返すのは無理。力がないのだから、丁寧に足で運んでやらないと返らない。

もっとロブを上げて、ペアに考える時間を与えないと、速いボールばかりの展開だと、ペアは何をしたらいいかわからなくなる。
Kさんのスピン練習、今は速球ばかり打ってるけど、緩急入れてみよう。

それから、テイクバックが大きいと。自分ではああと思ってたところが、もっともっと後ろまで引いているようです。
そらあかんがな。。。コンパクトに、コンパクトにすれば、ボールの変化にも対応できると。
そうやってたつもりが。私はいつもそうなので(ハイボレーもそう)。ボレーもストロークもテイクバックは自分のイメージと一致させるよう努力するよ。。。。

5時間テニスしたら、返ったら股関節いためてた。足が上がらない。接骨院で、炎症してるから安静に、と言われた。
年を考えようね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック