be disappointed (with/at/in/by)
2017年03月29日 (水) | 編集 |
be disappointed (with/at/in/by)

disappointed at…(いま目で見た/耳で聞いたそのものについてがっかり、もっとも即時性が強い)”at”の基本イメージが時点・空間上の点などを含む点をあらわすことから、話者と失望の対象に少し距離がある。

例:I am disappointed at the news. (今聞いたニュースについてがっかり、ただしそのニュースと自分との直接のつながりはない)
I'm disappointed at the result of the election.

disappointed with…(話者と話の対象につながりがあり、その対象についてがっかり)”with”の基本イメージの一つが「~に向かって/対して」となど「方向」をあらわすこと、また基本的に「つながり」を意味することから、話者と失望の対象につながりがあり、他人事ではない感じ。

例1:I am disappointed with the results.(注:自分の行為に対する結果を受け取ってがっかり。)⇒この場合は、”I am disappointed at the results”よりも、”with”の方が適切だと思います。

例2:I am pretty disappointed with today’s performance but I am ready to accept the result of the test.

disappointed in…(対象の中身に対してがっかり)”in”の基本イメージが「立体的に囲まれている感じ」「内部感覚がある」であることから、対象の中身について失望している。

例:I am disappointed in him. (注:彼の性格とか人柄とか、中身に対してがっかり)

disappointed by…(その行為の結果、あるいは行為者の直接の影響によってがっかり)”by”の基本イメージ「そば」から派生して「そのものの直接の影響で」の意味があることから、何らかの行為の結果や影響について失望している。

例:She was already madly in love with him and didn't want to be disappointed by the photo.

disappointed about…(withに近いけど、「対象の周りにある状況も含めて全体的にがっかり」)”about”の基本イメージが「~のまわりに」であることから、より間接的な感じ


disappointと似ている表現にdisillusion(幻滅する)というのがあります。必ずwithをとります。なぜならdisillusionは幻滅するという表現でdisappointよりもずっと強い表現です。他人事 ではない。そのことに本当にがっかりするので、I am disillusioned with his failure.であって、I am disappointed at his failureとは言いません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック