必死で振ること
2017年04月08日 (土) | 編集 |
お尻痛い。左軸足にすると踏ん張れない。。。

前回言われた、ストロークの最後に親指二の腕、を意識。出来ているとのこと。よかった。こうすれば、スピンロブでもなんとかなる。

ハイボレー:
とにかく離れないと。。。自然とボールへ近づいてしまう。すると、もう立てぶりにならざるを得ない。。アウト。
工夫して、左手を斜め前に出して打点を演出してみた。やらないよりまし。
ラケット出したとき少し上向き。忘れてた。そこから、引っ張って面は上。その時、もっともっとスイングスピード上げる。
面が上になって終われば、回転掛かるからコートに収まる。

スマッシュ:
もう打点しかないってくらい打点。忘れてた。
打点は前。演出するためにやはり左手上げて、指差しして、打つところ決めよう。
弓になって、指差しして、左の二の腕のよこから最後までボール見て、踏み込んでスマッシュ。打つ方向へ足を向けていく。
体先に回って打つ前に正面向かないように!

サーブ:
私はとにかくトスを前でかつ高く。
Mさんに言われたように、素振りして打点確認するとうまくいく。
トスを高く前へあげてそこへぶつけに行く。
左手下ろすのが早いから最後まで残すこと。

形式:
雁行の時、相手前衛の方へ体向ける。
立ち位置は真ん中より少し前で、前後しない。せいぜい一歩で。
前衛向いてたら、なんとか対応できる。

チャンス作っても、練習通りに打てない。ハイボレーは縦ぶりになる。
気にするしかない。練習あるのみ。
ボレーは人のいないところへ打てば強くなくてもいいのだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック