ひっさびさ。ぐちゃぐちゃになってる。
2017年04月22日 (土) | 編集 |
先日の試合はさんざん、その後も「試合だと思って!」と言われるとスイッチが入る、ド緊張ぶり。
コーチにもう試合になったら散々だ、もうダメだという。
緊張もあっての試合だから、そこはちゃんとやっていかないとダメと言われる。

ストローク:思い出しながら、ああ、親指二の腕、外回しのサイドスピン、しっかり最後まで振り切るだな、と。
スピン、かからなかったな。。。左手下にしても、伸び上がるとダメだもんな。こわごわ置きに行くと最後まで振り切れなくなって、コントロールできなくてスピンもかからなくて、むちゃくちゃになってたんだな。

ボレー:変になってる。フォロースルーで最後すくい上げないで、左腰で止める。止めたらすぐに回さず、直線的にレディポジションへラケット持ってくる。回してる、戻ってる、それで振り遅れる。
くるんと回さず腰で止めてグッとすれば、普通にボレーができる。

ハイボレー:これもクルンとなってる。上から上でクルンとなってる。ラケットセット高く、腕伸ばして軽く肘曲げてラケット面を少し上向きの少し外向きにしたら、その位置から左腰付近へとグリップエンドから引っ張り下ろせば、自然と面は上むいてフィニッシュするのだ。そうしたら、普通にハイボレーできる。

上にセットしても、弧を描いてラケットを動かしていくと難しいあたりになってガシャるのだ。
そして右手右足、伸び上がらないで、インパクトで踏み込む。スイングスピード上げる。よいしょと息吐く。
いい感じ。

スマッシュ:ハイボレーと違いしっかり横向く。打つ瞬間には止まる。それまではきっちり横向く。横向くけど、打つまでに体が開いてしまうのでそうすると正面での大仏ボレーになるので注意だ。
スマッシュ横向きキープするために、左足を少し、斜め前に出して、打つまで我慢する。打点は結構前。指差し確認する。

緩いボールは、自分から打ちに行かないとダメ。
振られたボールは(ボレー)軸足をボールの位置へ出してラケットも同時に出して、引っ張る。

落ちるボールは、前でとれば普通のボレー。でも、落としてしまったら、地面にラケットヘッド下にして立てて、面を崩さずしっかり握って、ラケットヘッドをすくうように肩まで振り上げる。皆、ヘッド下にして取ろうとするが、振り上げないで力も入れないから、ラケット自体が、ブルブルと震えてガシャる(勢いに打負けてるのだ)。掬い上げる。

相手が緩くても、合わせてはダメ。最初から自分のペースのテニスをすること。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック