ゆっくりしたボール対応
2017年04月25日 (火) | 編集 |
月曜に一度やったからあれほどひどくはない模様。

何故かストロークが、親指に力が入っているのが原因らしいのだけど、インパクトからフォロースルーでラケットが返ってしまうらしい。
まーそれがIコーチの教えなんだけど。。。
小指に力をいれることで、親指を二の腕につけるスイングで終われる。
ラケットダウンから、親指二の腕!
スピン。

ボレーもハイボレーも、構えは直線的にさっとして。
放置してると、下から回してセットするから倍かかる。顔の前通してさっと上にセット。スマッシュもそうだ。
そうするだけで対応早くなるから、打ちやすくなるのが不思議。

緩いボール、前で落ちるボールのボレー
ラケット下げて、ローボレーになるから、腰までラケットを掬い上げる。
ミドルもハイもローフィニッシュは同じ位置。
下から面をそのまま足で運んであげていく。左腰まで。沈んだボールを受けたらボールは浮くのが当たり前。
打つコースを考える。
足がついていかないで、上手く打てない。
膝曲げたりとか間に合わないんだから、できないならそれでいい。ラケットだけを下げて、そこからあげていく。

緩いボールは足で、自分から打ちに行かないとアカン。
歩いて前へ打ちに行く。

速いボール
打ち負けないように、グリップをしっかり握る。
アウトしたりするのは、打負けてしまって、面が安定せず上向きになってしまうから。
しっかり握って、ラケット面の角度をキープすれば、相手の力を利用して良いボレーが返るはず。

形式するとき、ストレート狙うときは狙う。
来るボール来ないボールハイボレースマッシュ寸時に判断する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック