しっかり振って、タタタ
2017年04月30日 (日) | 編集 |
アプローチで上がろうとするとき、エンドラインで十分な体勢でストロークできないとき。

どちらも、スイング’しっかりできないていうか、「置きに」行ってしまいがちなのです。
プラスバックハンドの時。

しかし、ストロークは常に親指が二の腕に着くようにしっかり振りきらないと、コントロールが効かなくなったり、浮いたりする。
スピンもかからない。
とにかく、素早くとかは二の次で、最後まで振り切ることに集中する。

加えて:
私はバックサイドに居るときに、エンドラインで(リターンなど)、追い込まれがちの時に、相手前衛よりにボールが寄ってしまい、ポーチの餌食になる事が多い。
これは、常にストレートロブを意識するといいみたい。
バックサイドからのリターンはストレートロブ。追い込まれたらストレートロブ。

ボレーのリズム
並行陣になり、ボレー合戦になると、リズムはタタタタタとなる
つまり速くなるので、そのリズムで動くこと。
打って観てる暇はない。

構え早くすること。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック