ゆっくりしたボール対応
2017年04月25日 (火) | 編集 |
月曜に一度やったからあれほどひどくはない模様。

何故かストロークが、親指に力が入っているのが原因らしいのだけど、インパクトからフォロースルーでラケットが返ってしまうらしい。
まーそれがIコーチの教えなんだけど。。。
小指に力をいれることで、親指を二の腕につけるスイングで終われる。
ラケットダウンから、親指二の腕!
スピン。

ボレーもハイボレーも、構えは直線的にさっとして。
放置してると、下から回してセットするから倍かかる。顔の前通してさっと上にセット。スマッシュもそうだ。
そうするだけで対応早くなるから、打ちやすくなるのが不思議。

緩いボール、前で落ちるボールのボレー
ラケット下げて、ローボレーになるから、腰までラケットを掬い上げる。
ミドルもハイもローフィニッシュは同じ位置。
下から面をそのまま足で運んであげていく。左腰まで。沈んだボールを受けたらボールは浮くのが当たり前。
打つコースを考える。
足がついていかないで、上手く打てない。
膝曲げたりとか間に合わないんだから、できないならそれでいい。ラケットだけを下げて、そこからあげていく。

緩いボールは足で、自分から打ちに行かないとアカン。
歩いて前へ打ちに行く。

速いボール
打ち負けないように、グリップをしっかり握る。
アウトしたりするのは、打負けてしまって、面が安定せず上向きになってしまうから。
しっかり握って、ラケット面の角度をキープすれば、相手の力を利用して良いボレーが返るはず。

形式するとき、ストレート狙うときは狙う。
来るボール来ないボールハイボレースマッシュ寸時に判断する
 ひっさびさ。ぐちゃぐちゃになってる。
2017年04月22日 (土) | 編集 |
先日の試合はさんざん、その後も「試合だと思って!」と言われるとスイッチが入る、ド緊張ぶり。
コーチにもう試合になったら散々だ、もうダメだという。
緊張もあっての試合だから、そこはちゃんとやっていかないとダメと言われる。

ストローク:思い出しながら、ああ、親指二の腕、外回しのサイドスピン、しっかり最後まで振り切るだな、と。
スピン、かからなかったな。。。左手下にしても、伸び上がるとダメだもんな。こわごわ置きに行くと最後まで振り切れなくなって、コントロールできなくてスピンもかからなくて、むちゃくちゃになってたんだな。

ボレー:変になってる。フォロースルーで最後すくい上げないで、左腰で止める。止めたらすぐに回さず、直線的にレディポジションへラケット持ってくる。回してる、戻ってる、それで振り遅れる。
くるんと回さず腰で止めてグッとすれば、普通にボレーができる。

ハイボレー:これもクルンとなってる。上から上でクルンとなってる。ラケットセット高く、腕伸ばして軽く肘曲げてラケット面を少し上向きの少し外向きにしたら、その位置から左腰付近へとグリップエンドから引っ張り下ろせば、自然と面は上むいてフィニッシュするのだ。そうしたら、普通にハイボレーできる。

上にセットしても、弧を描いてラケットを動かしていくと難しいあたりになってガシャるのだ。
そして右手右足、伸び上がらないで、インパクトで踏み込む。スイングスピード上げる。よいしょと息吐く。
いい感じ。

スマッシュ:ハイボレーと違いしっかり横向く。打つ瞬間には止まる。それまではきっちり横向く。横向くけど、打つまでに体が開いてしまうのでそうすると正面での大仏ボレーになるので注意だ。
スマッシュ横向きキープするために、左足を少し、斜め前に出して、打つまで我慢する。打点は結構前。指差し確認する。

緩いボールは、自分から打ちに行かないとダメ。
振られたボールは(ボレー)軸足をボールの位置へ出してラケットも同時に出して、引っ張る。

落ちるボールは、前でとれば普通のボレー。でも、落としてしまったら、地面にラケットヘッド下にして立てて、面を崩さずしっかり握って、ラケットヘッドをすくうように肩まで振り上げる。皆、ヘッド下にして取ろうとするが、振り上げないで力も入れないから、ラケット自体が、ブルブルと震えてガシャる(勢いに打負けてるのだ)。掬い上げる。

相手が緩くても、合わせてはダメ。最初から自分のペースのテニスをすること。
 必死で振ること
2017年04月08日 (土) | 編集 |
お尻痛い。左軸足にすると踏ん張れない。。。

前回言われた、ストロークの最後に親指二の腕、を意識。出来ているとのこと。よかった。こうすれば、スピンロブでもなんとかなる。

ハイボレー:
とにかく離れないと。。。自然とボールへ近づいてしまう。すると、もう立てぶりにならざるを得ない。。アウト。
工夫して、左手を斜め前に出して打点を演出してみた。やらないよりまし。
ラケット出したとき少し上向き。忘れてた。そこから、引っ張って面は上。その時、もっともっとスイングスピード上げる。
面が上になって終われば、回転掛かるからコートに収まる。

スマッシュ:
もう打点しかないってくらい打点。忘れてた。
打点は前。演出するためにやはり左手上げて、指差しして、打つところ決めよう。
弓になって、指差しして、左の二の腕のよこから最後までボール見て、踏み込んでスマッシュ。打つ方向へ足を向けていく。
体先に回って打つ前に正面向かないように!

サーブ:
私はとにかくトスを前でかつ高く。
Mさんに言われたように、素振りして打点確認するとうまくいく。
トスを高く前へあげてそこへぶつけに行く。
左手下ろすのが早いから最後まで残すこと。

形式:
雁行の時、相手前衛の方へ体向ける。
立ち位置は真ん中より少し前で、前後しない。せいぜい一歩で。
前衛向いてたら、なんとか対応できる。

チャンス作っても、練習通りに打てない。ハイボレーは縦ぶりになる。
気にするしかない。練習あるのみ。
ボレーは人のいないところへ打てば強くなくてもいいのだ。
 一年ぶり
2017年04月04日 (火) | 編集 |
このレッスンも1年になる。そしたら、最初に直されたことを注意された。おお、一年ぶりで忘れてたわ。

ストローク
ラケット下、と左手下、はずっと言われてる。
じゃなくて、
フォワードスイングを、サイドスピン気味に横振りしろと言われてたなあ。。。そして、フィニッシュでラケットが裏返るので(某コーチのストロークだ)、親指を左腕に付けろと言われた。懐かしい。
肘あげてラケットあげてのスイングだと、手首を必要以上に使うらしい。
なので、このスイング。親指左の二の腕につける。
今は必死で振ってるけど、ゆっくり振っても、このスイングにできるように。。。意識しよう。

アプローチからファーストボレー
アプローチとファーストボレーをコース狙う。
アプローチは。。。センターかな。
良いアプローチを打てば、チャンスボールが上がってくる。
ファーストボレーは。。。浮かないように、サービスラインのセンター付近と隅っこと、二点(もしくはその間)狙う。。
そこへ短くボレーすると相手からは大変なボールは帰ってこない。センターなら長くてもいいねバックになるから。

ボレーを短く打つには??
インパクトまでは同じで、フォロースルーをコンパクトにすること。長くすると、球足も長くなる。深くボレーするよりも気持ちコンパクトに。
そして、ラケット面に顔を近づける。
ということは、ラケットを構えたら、そのままボールへ自分が近づいていけばいいんだ。
コースは最初に決めて頭に入ってるんだから、構えた後は、ボールをしっかり見て、近づいていって、コンパクト。
一瞬でもコースを見ると、浮いたり、間に合わなったりミスに繋がる。

また、アプローチ打って、前へ出ていくけど、相手が打つ前に止まってスプリットを軽く入れ、また前へ(ボールへ近づく)行く。
スプリットを入れることで、ロブにも対応できる。どどどと走ってしまうと、ロブ間に合わない。

顔を近づけ、ボールに近づき、コンパクトにできるだけボールを落とさずにボレーする、そして打ちたいコースに前足を踏み込む、ラケットを送る。

ハイボレーは面を上!!もっと上。自分が考えてるより上。そしてスイングスピード上げる。

スマッシュは、打つまで我慢して横向く。最後の最後まで打点に入ろうとフットワーク。決めたら、右足決めて、ボールを打つまで見る、打ちながら踏み込む。打ちたいコースに少し斜めに左足決める。打つ前に、前向いたらミス。
 久しぶりー
2017年04月01日 (土) | 編集 |
お尻のあたりをいためてからあまりテニスしてない。久々のレッスン。
気をつけて、気をつけて。

ハイボレー、ボールに近いと振れないな。離れて離れて。
踏み込みを意識するから、右手と右足同時に出して、右足体重で、打つのと同時に左足を前に出してたけど。。

「右手右足体重の時に、軽く左足を前に出して地面につけておいて、打つのと同時に体重を前に移動して」
と言われる。右足に乗ったまま、打ちながら前足つけながらの体重移動だと、安定しないらしい。
但し、これだと、飛んでこないボールの時にオットットになるので、最後まで足は細く動かすこと。

バックサイドからのショートアレーへのハイボレー、課題なんだけど。。
小さく構えるのはあってる。ラケットセットするのが遅いよ。
短く打つのに、打った後に面上!をすると長くなるので、叩き落す感じで短く打つこと。

アプローチからのファーストボレー
アプローチ打った後のラケットを、体の正面に掲げながら走ってきてるらしい。
アプローチの後は前へ行くんだけど、次はボレー!!と思いながら、相手がどこへ打つか観察しつつ、ボレーの構えで走ってくる。ラケットはバック側に構えながら出てくること。
それから、相手が打つ前にかならずスプリットして止まること。

アプローチがデッドゾーンで弾んだら、相手にとってはチャンスボール。
深く打つか、短く走らせるか考える。

やはり久しぶりだと、構えるのが遅いらしい。だから振り遅れるのだ。。。
 少し復活
2017年03月18日 (土) | 編集 |
日曜の試合はダブルベーグルで、テニス人生最大に落ち込んだ。。。。練習途中の二人とはいえ、ワンシードブロックとはいえ、ゼロはないわな。。。もっとやりようがあった。途中で何もかもが怖くなったのが敗因。チャンス作って決めるだけをミスしたのが原因。ストローカー相手に、いくらストロークが良くて押されたからと言って、並行陣にならなかったのが敗因。
まあ、実力です。ペアさんごめんなさいです。。。次はもっと上手な人と組んでちょうだいね。ごめんね。

ということでテニスやめようとまで思って、テニスから離れた一週間、ほぼ一週間ぶりのテニス。

ハイボレー:
どうしてもかついでしまうので、もっとラケットを最初は遠くへのばす。面は少し壁向ける。それを右足を出すのと同時にやって、ボールの右側を打つ。打ったら面を上に向けるつもりで左腰まで引っ張る。足は踏み込む。
ハイボレーは、自分の場合はすぐ担ぐので、どれだけボールから離れられるかを練習すべき。

スマッシュ:
弓になりながら、前の手を指さして、打つまでずっと指さしておく。打つまでボールを見続ける。打つと同時に足を踏み込む。
打つまで横向き。

下がりながらのスマッシュ:
ギリギリまで横向いて下がって打つときに、おもいっきり振る。でも、振るまでは絶対に横向き。

チャンスボール

落とさないでチャンスボールはチャンスボールとして打つ。決める。決めると思うと力が入って、悪いくせ(かぶせる)が出るから、死ぬほど面を上!を意識する。コースを考える。打ち込んでも返ってくるからすぐ構える。

Kさんのレッスンは楽しい。確認するのが楽しい。できないのが直してもらってできていくのが楽しい。
やっぱ少し楽しくなった。でも試合は怖い
 ハイボレーの腕の動き
2017年03月07日 (火) | 編集 |
昨日の試合は散々だったけど、今日は調子いい。

ハイボレー当たりが悪い。手打ちになってる気する。
最初、ラケット面少し上に向けて、下へ引っ張るんだけど。。
おわんをなでるように、ラケット面上の状態から、くるんとスライスかけて、斜め下まで引っ張って、ラケット面も最後上向くように。
これは大げらしいが、面上〜面上の動きを身につけるまでは、これでいいかも。

左手つけて、当たると同時に足も踏み込む。足を連れていかないから手打ちになる。

腕は基本、横に伸ばして少しだけ肘曲げる。

しかし、バックサイドからハイボレーをショートアレーへ打つには、同じようにラケット面上でおわんの側面なでるようでは浮いてしまうのです。
ラケットも普通より少し立てて、叩き落すように打つべし。ああ、難しすぎる。。


アプローチ:
アプローチはセンター。しっかり打ったら、前へ出るけど、ダッシュしないでゆったり出てきて、相手が打つ前に一旦スプリットステップを余裕で。次はボレーを打つぞと、相手はどこへ打ってくるか、どこへファーストボレー打つかとか考えて。
スプリットは必須。
ファーストボレーもセンター狙うぞ。

相手のボールが短くなってのアプローチ、走りながら打ってるから、そのまま打ったらサービスライン内に入る。
スピンぶっ飛ぶのは、左手下になってない
左手が上がると、打点が上になって、スピンかからずスッポ抜けて大きくなる。

しっかりスピンかけて入れるには、きっちりグリップ握って力入れて、スピン!!!と思いながら、振り切るべし。
中途半端に途中で力抜けたりするともう掛からない。大きくなる。

打った後、ガチっと構えない。常に軽やかに動いておく。

サーブ:
体重が後ろに残ってしまうから、トスを思い切り前に上げて、後ろへ戻れなくする。
なかなか難し。