2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

抹茶ういろう 

2017.03/22 (Wed)
材料:小麦粉1カップ、上白糖1カップ、抹茶大1、水1.5カップ

1:材料すべてをボールに入れ、泡立て器で軽く混ぜます。
2:小さいざるでよく漉します。
3:パイレックスの長方形などに流し込みます。
4:500(600でも)Wの電子レンジで8分30秒加熱します。
5:レンジから取り出して冷めてから器から取り出します。

甘納豆、栗の甘露煮、小豆あん、サツマイモの裏ごし、などを入れても良い。
EDIT  |  02:36 |  お菓子レシピ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

分詞導入 

2017.03/22 (Wed)
1.彼は僕の従兄弟だ。

  その少年は背が高い。   その背が高い少年  

  その背が高い少年は僕の従兄弟だ。

2.彼は僕の友人だ。

  その少年は、走っている。 その走っている少年。
  
  その走っている少年は僕の友人だ。

3.彼等は香川県に住んでいる。

  その生徒たちは踊っている。  その踊っている生徒たち。

  その踊っている生徒たちは香川県に住んでいる。


次に英語で、練習。

1.He is my cousin.
The boy is tall. the tall boy
The tall boy is my cousin.

2.He is my friend.
The boy is running. the running boy
The running boy is my friend.

3.They live in Kagawa.
The students are dancing. the dancing students
The dancing students live in Kagawa.

受身についても同様。

ただし、最初は、The boy is tall. からthe tall boy と言う部分だけの練習がいいと思います。The boy is running.から the running boy と言う変換です。意味をよく確認してからやることが必要だと思います。

結局、進行形も現在分詞の形容詞用法と言われるものも、同じ形容詞でしかないと言う説明ができると思います。

これのいい点は、同様に、時制表現を取り去る(と言っても、be動詞のある文章にしてbe動詞を取り去ると言う意味ですが)ことによって、ほぼ全ての文章が句になるということです。
The boy plays tennis.
The boy is playing tennis. the boy playing tennis

The boy is liked by Alice. the boy liked by Alice

The boy is good at playing tennis.
the boy good at playing tennis

動名詞と現在分詞の違いは、形容詞かどうかで決めると簡単だと思います。swimming school, running shoes など、上の説明では「泳いでいる学校」、「走っている靴」になってしまいますから、
EDIT  |  02:35 |  中高生の英語  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

過去分詞が一語で後ろから  

2017.03/22 (Wed)
Consequently, not only has the audience for drama increased by truly astronomical progression as compared to previous ages, the actual quantity of dramatic performances produced has gone up in equal proportion.<


下線部のproducedですが、どうもここでは1語なのに名詞を後置修飾しているようです。

ふつう形容詞または過去分詞は1語であれば名詞の前から修飾すると学習しました。(前置修飾と呼んでいます。)
この場合、形容詞はその直後の名詞の 内在的 (characteristic)、 永続的 性質を表し、 分類的 機能を持ちます。

それが、1語なのに名詞の後から修飾する場合があります。
(後置修飾と呼びます。)

後置修飾は、形容詞によって表される内容が、すなわちその直前の名詞の状態が「 現時点で 」「 一時的に (temporary)」問題となっている場合に用いられます。

以下のペアを比較してみましょう。

例1 the only navigable river
例2 the only river navigable

例1は 本来的 に航行可能な川を意味しているのに対して、
( 分類的 に船が航行できる川とできない川とを想定しているのに対して)

例2は水かさが増し、 現時点で一時的に 航行可能となっている川を意味しています。



過去分詞は形容詞ですので、前置修飾か後置修飾かによって同様の違いが出てきます。

引き続き以下のペアを比較してみましょう。

例3 the written words
例4 the words written

例5 a used textbook
例6 the textbook used

例3は 分類的 に「話し言葉」に対する「書き言葉」であり、
例4は 現時点で 「書かれたその語」という意味です。

例5は 分類的 に「新刊のテキスト」に対する「古本であるテキスト」であり、
例6は 現時点で 「使用されているテキスト」
あるいは その時点で 「使用されていたテキスト」という意味です。
EDIT  |  02:34 |  中高生の英語  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

分詞構文コンマ 

2017.03/22 (Wed)
Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a girl dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語はIのままですね。

I walked around the town taking pictures.

I walked around the town with my friend taking pictures.
上記例題2の分詞構文と同じでtaking picutureの主語はmy friendとなる。

I walked around the town with my friend who was taking picutres.
故に、カンマを省略してはいけないが、

I walked around the town taking picutures.
の場合は本来ならば、上記の解釈のようにtaking picturesの主語はtownになるべきである。しかし、町は写真など撮れないために, 主語はIでカンマが省略されているであろうと読み手が考えるだけ。
EDIT  |  02:33 |  中高生の英語  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

フライパン1つde簡単ローストビーフ 

2017.03/22 (Wed)
フライパン1つde簡単ローストビーフ

■材料 牛肉かたまり...500g にんにく...1~2かけ 生姜...1~2かけ 水...200cc 醤油...100cc みりん...50cc 赤ワイン(日本酒でも可)...50cc 塩コショウ...適宜 <

■つくりかた[1] 牛肉のかたまりに、塩コショウをする。ニンニクと生姜はスライスに・・・<
[2] フライパンに薄く油をひき、強火で全体に焼き色をつける。
[3] ニンニクと生姜を加え、香りが出たら、残りの調味料(水、醤油、みりん、酒)を加える。
[4] ひと煮立ちしたら、火を止め、フタをして余熱で1時間ほど放置。(浅いフライパンは時々ひっくり返して!)
[5] 出来たローストビーフをスライスして、煮汁にとろみをつければソースの完成!

■メモ(コツ、ポイント)フライパンにフタがない場合は、アルミホイルをかぶせて下さい。 甘めが好きな方は、お砂糖をプラスしてもいいと思います<
EDIT  |  02:29 |  レシピ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

胸肉唐揚げ絶品 

2017.03/22 (Wed)
① 胸肉は、ちょっと厚めのマグロの刺身くらいの大きさに切り、
  ビニール袋で醤油に漬け込む(10分)

② たっぷりの片栗粉をまぶして30分置く

③ 油であげる
EDIT  |  02:26 |  レシピ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

グラノーラバー 

2017.03/22 (Wed)
フルーツグラノーラ200g、マシュマロ50g、バター(無塩)30g

1,バットにオーブン用シートをしく。耐熱のボールにバターを入れてラップを掛け、電子レンジで溶けるまで60秒ほど加熱。マシュマロを加えてラップを掛け、マシュマロが一回り大きくふくらむまで、さらに50秒ほど加熱。耐熱のゴムべらで手早く混ぜ、バターをなじませる。

2,グラノーラを加えて手早く混ぜ、全体にマシュマロが馴染んだら、バットに広げ入れ、表面をならして暑さ2センチくらいにする。ラップを掛けて冷蔵庫でに時間ほど冷やし固め、横に10等分に切る。(136k)
EDIT  |  02:25 |  お菓子レシピ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
PREV  | HOME |  NEXT